小川隆平連絡主事(和歌山紀の川クラブ)地元テレビ局の取材を受ける!

2017-08-22
和歌山紀の川クラブの連絡主事でもある和歌山YMCA小川隆平スタッフが、長期キャンプ(4泊5日)「旅するキャンプ」を引率参加されました。
 最終日、JRきのくに線「古座駅」を出発する際に、テレビ和歌山の「ワンカツ」という番組のロケに出会い、小川スタッフとメンバー二人(最近の出来事は?として)インタビューを受ける機会を得ました。
 もしお時間がありましたら、ぜひご覧ください。

※和歌山県外の方は、ご覧いただけないと思います。
また、どれだけ、どんな内容で使用されるかは分かりませんが、、、、あっという間でしたらすみません!!!

放映日:8月25日(金)PM7:00から
放送局:テレビ和歌山 5チャンネル
番組名:ワンカツ
URL: http://www.tv-wakayama.co.jp/index.php

奈良YMCA 創立55周年記念企画「I PRAY IN 奈良」(ご報告)

2017-08-21
日 時:2017年 8月19日(土)16:30~18:00
場 所:D'ミュージアムコミュニティーホール
    (大和ハウス工業株式会社 総合技術研究所内)
    奈良市左京6丁目6-2
参加者:250名

 奈良の地にYMCAが誕生し、以来「国際・地域支援活動」、「青少年健全育成活動」、「平和を願う活動」等の事業を展開し多くの皆様方のお支えをいただき、力強く55年間歩んでこられました。
奈良の地は、有史より大きな時代の渦に巻き込まれながらも、平和を希求する人々の願いにより、“まほろばの地”として受け継がれてまいりました。
奈良YMCA創立55周年を機に、この平和で美しい奈良を、日本を、そして世界をさらに後世まで伝える願いを込めて「I PRAY IN 奈良」が上演されました。
 「I PRAY IN 」は、広島に投下された原爆の恐ろしさ・悲惨さ、そして悲しさを通じて平和の大切さと戦争のない未来を願うという内容で、幼児・小学生から高校生・大人までのスタッフにより、平和を願う思いを熱く・強く演じてくれました。
 上演中、会場からは何人かのすすり泣きが洩れていました。
 エンディングは、「いのちの歌」をスタッフと会場のお客様が一緒に歌い、平和を願う思いが一体化し会場を包み込みました。
 感動的な平和を願う創作劇でした。

開会に先立ち、三枝 隆奈良YMCA総主事からご挨拶がありました。
 『会場をお貸しいただいた大和ハウス工業株式会社、後援や協賛いただいた皆様、本日ご参加いただいた皆様、さらに本日早朝からバスでお越しいただいた「I PRAY」の皆様、シャイニーパンプスジャズオーケストラの皆様、有難うございました。
心から感謝申し上げます。
 奈良YMCAに55年の歳月を与えていただいたことに感謝するとともに、今後も大切にこの美しい奈良・日本・世界を後世に伝えるよう皆様とベクトルを合わせて未来に向けて平和の願いを届けたいと願っています。
 本日は、ありがとうございました。』

閉会後、実行委員長 中井信一(奈良クラブ)実行委員長からのお礼の言葉
 『本日は、多くのご参加をいただき、また後援や協賛をいただきありがとうございました。
 これを機に、奈良の地からさらに平和を望む思いをより広くより大きく膨らませ、後世に伝えるように頑張ってまいりたいと思っています。
 今後も、今まで以上に奈良YMCAにご支援賜りますようお願いを申し上げます。
 ありがとうございました。』

  
(取材 広報・情報委員会)



ステージ上演

ステージフィナーレ

ステージフィナーレ

終演後集合写真

Ⅰ PRAY IN 奈良 中井実行委員長
資料は「案内・部報など」のページからダウンロードできます。

十勝クラブ じゃがいも・かぼちゃ等の販売について(ご案内)

2017-08-16
自然に恵まれた北の大地では、今順調にじゃがいも・かぼちゃ等が育っているようです。
 昨年は何個かの台風等の自然災害に見舞われ、じゃがいも等の農作物に大きな被害が出ました。
 しかし、今年はすこぶる順調に育ち味も抜群だそうです。
 ぜひ、お買い求めいただきご賞味ください。
なお、個人でお申し込いただきますと送料も高いので、購入されるクラブとご一緒にお申込みいただきますと送料が安くなる場合もありますので、購入されるクラブと直接ご相談ください。

阪和部内で昨年購入されたクラブは次のとおりです。
 奈良・和歌山・大阪河内・大阪長野・大阪泉北・和歌山紀の川クラブ

お申込み:9月10日(日)までに、十勝YMCA じゃがいもファンド事務局まで
     電話 080-5594-7784
     FAX 0156-66-3565
     mail samu_yama2010@yahoo.co.jp
     担当 高田 正人・山本 雅之(090-1646-1160)

資料は「案内・部報など」のページからダウンロードできます。

大阪泉北クラブ 8月第1例会のご案内

2017-08-16
今月の大阪泉北クラブの第1例会は、3部構成で開催します。
 第1部では、鈴木璋三阪和部長の立会いの下で入会式を執り行います。
 第2部は、食事と歓談 第3部は、「新人弁護士悪戦苦闘の1年半を振り返り」と題して土井健史弁護士にご講演いただきます。
 内容の濃い例会となります。
 ぜひ、皆様にご参加いただきますようご案内申し上げます。

日 時:2017年 8月31日(木) 18:30 ~ 20:30
場 所:大阪南YMCA 2F ライブラリー
会 費:1,000円
プログラム:第1部 入会式
 第2部 歓談と食事
 第3部 講演 弁護士 土井健史氏
 テーマ 新人弁護士悪戦苦闘の一年半を振り返り」
     大坂堺YMCAから トッポリーダー&レオリーダーもご参加!
お申込み:8月28日(月)までに、山田理学会長へ
     090-1968-5371

資料は「案内・部報など」のページからダウンロードできます。

阪和部EMCシンポジウムのご案内

2017-08-12
今期の鈴木璋三阪和部長の主題は、「新しい友をつくろう そして 今ある友を大切に」です。
 この部長主題を、阪和部会員の高齢化とそれに伴う減少化という大きな問題と課題を解決するための糸口ともなるテーマとさせていただきます。
これまでにも真剣に討論して会員増強を唱えてきましたが、減少化の波に歯止めをかけられていません。
どうしたら解決していけるか、ワイズダムをどのようにしたら楽しめるか、次のとおり 阪和部の多くの皆さまと共に考える時間をもちたいと思います。
せひ ご参加いただきますようご案内申し上げます。
特に、今まで毎年開催されているEMCシンポジウムにご出席いただいていない方は、ぜひご出席していただき斬新なご意見等をお聞かせいただければと願っています。
 よろしくお願いいたします。

日 時:2017年 9月 9日(土) 14:00 ~ 16:00
場 所:大阪南YMCA 2F ライブラリー
プログラム:森田 惠三氏 (京都ウエスト)
              ワイズ将来構想特別委員会委員長
       クラブアンケートは語る?「ワイズ起こし」は阪和部から

      三科 仁昭西日本区EMC事業主任 (京都東綾)
       阪和部各クラブ会長・EMC委員長を囲んで、
       今直面するEMCに関する課題について話し合う。

お申込み:クラブでまとめのうえ 9月2日(土)までに、坂本 智EMC事業主査までお願いいたします。
     073-462-2356
     sato_s1999@voice.zaq.jp

     ダウンロード:チラシプログラム

鈴木誠吉ワイズ(大阪サウスクラブ) ご逝去

2017-08-10
大阪サウスワイズメンズクラブ 鈴木誠吉ワイズ(享年 95歳)が、8月8日にご逝去されました。
 鈴木ワイズは、第2代阪和部長・西日本区事務所所長を歴任され、大阪サウスクラブの重鎮としてクラブの発展に多大なる貢献を認められ奈良伝賞を授与されました。
謹んでお知らせいたします。

通夜式  2017年8月10日(木)18:00~
告別式  2017年8月11日(金)10:30~11:30
喪  主 鈴木良隆 様(ご長男)
葬儀会場 葬儀会館 エテルノ西宮
     〒663-8202 兵庫県西宮市高畑町2-15
     電話 0798-66-6622

九州北部豪雨緊急支援募金について(お願い)

2017-08-05
『西日本区クラブ会長の皆様へ
8月に入り、夏もさらに夏らしく、例年以上の暑さが続いています。
くれぐれもご身体ご自愛いただき、すこやかにお過ごしください。
九州北部豪雨緊急支援につきましては、先の第1回西日本区役員会2日目早天礼拝における献金を捧げました。
今後の支援につきましては、理事通信8月号でもお願いしましたように、各クラブでご検討・ご判断いただき、近くのYMCAまたは日本YMCA同盟を通じてご支援いただきますよう、よろしくお願いします。』(大野 勉西日本区理事より)

以下、熊本YMCA久保誠治スタッフからの支援訪問報告が日本YMCA同盟 ポジティブネット創造部の山根一毅氏を通じて配信されましたので添付します。
『日本YMCA同盟より山根一毅です。
九州北部豪雨緊急支援につきましては、全国にて募金等のご協力を賜り感謝申し上げます。
支援活動にあたっておられます熊本YMCAより、久保誠治スタッフの東峰村への支援訪問の報告が届きましたので、共有いたします。
なお、引き続き9月30日まで支援募金を行います。みなさまのご協力をお願いいたします。

「九州北部豪雨緊急支援募金」
募金による支援内容;
①被災地復興支援ボランティア(短期)
②被災地域の子どもたちの心のケアプログラム(中長期)
募金期間;2017年7月14日(金)~9月30日(土)
※添付のちらしを用いていただき、それぞれのYMCAでご使用ください。
※募金受付先やお問い合わせ先は、必要に応じて変更ください。』

以下、報告です。
――――――――――――――
7月29日(土)~30日(日)1泊2日で東峰村に行ってきました。
ルートは、高速の杷木インター下車、被害が大きくまだ行方不明者がおられる松末地区にはいりました。 熊本銀行はじめ多くの災害ボランティアバスが現地にはいり住宅の土砂搬出等に汗を流しておられました。
地元の社協によるとボランティアの水分補給が一番の課題で35度を超す中を人力作業では限界を感じましたし、山津波で東日本と同様に線で被害が続いており、また、杷木、朝倉、東峰村は福岡県、日田は大分県と2つの県にまたがっており、支援体制やインフラの復旧にロスが生じています。

その後、夜明ダム周辺を見て、日田方面からすざまじい土砂災害の爪痕をみて愕然としました。
松末地区もそうですが小さな小川が上流からの山津波で河川の幅が広がり周りの民家を押し出しながら下流に下った跡があちらこちらで見られます。
流木は川上からの所有者のある木で、その場所の確保やライフラインの復旧がやっと終わった段階です。

日田地区特に宝珠山エリアの災害が一番ひどく、わたしが2日間入った東峰村は小石原焼等の焼き物の産地で災害で釉薬に水が入り込んだりで焼き物の窯の被害は 全村に及んでその復旧はめどが立っていません。
今回の災害では重機を扱えるぼボランティアが村に入り20名ほどで流木の撤去家財道具の洗浄、窯の復旧等にまさに泥だらけであたっていました。

災害支援の高圧洗浄機も水道が復旧するまでは使用できず、水道の復旧も地理的に近い日田市から水の提供の申し出があっていますが、県をまたぐので水の少ない朝倉からひく等の問題を抱えておられました。
今後は17戸の仮設住宅の建設や道路の復旧、田んぼに入った土砂や流木撤去、その作業を進めるために子どもたちを預かる「チャイルドケア」の問題があります。
村の建設水道課課長補佐は村内すべてで被害があり、支援をどこで線引きするか?
また災害復旧のボランティアのけが(破傷風にならないか?等)を心配されていました。

東峰村では被災したかたの避難所に宿泊させていただきましたが、当初、23名の被災者が入っておられましたが、現在は10名に落ち着いてきています。
緊急避難時から生活の復旧段階へ移行してきています。また、食事関係も村内の互助により互いに支えあいができていました。

わたしが宿泊した東峰村社会福祉協議会「喜樂来館」(きらくかん)ではお風呂、食堂、集会室等避難所ですが、災害ボランティアセンターとしての機能は果たせます。
重機関係の災害ボランティアでは、早朝より流木撤去やパワーシャベル等暑くなる前の早朝から各現場に入っています。

「チャイルドケア」関係では、地元のお母さんがたが、不登校や発達障がい関係の人を中心に幼児から小学生までを夏休み中、ケアされるとのこと、ちょうど熊本地震で支援をいただいた「忍者ランド」「ねこのピート」の絵本を子どもたちに提供することができました。
また、阿蘇の保育園を中心とした「あそまつり」での支援物資(食器、衣類、タオル、石鹸、おもちゃ等)も届けてきました。

現地に、「大阪ボランティア協会」「福岡女学院大学」「九州栄養福祉大学」「福岡県レクリエーション協会」地元高校生ボランティア等が入り、明るく元気に 活動を展開されています。

西日本地区のYMCAとして何ができるか?
この東峰村社会福祉協議会を「災害ボランティアセンター」として東峰村社協と連携して動くか?
日田市に拠点を置いてそこで宿泊施設を確保して活動するか?
いずれにしても長期の災害支援が必要です。
また、時期的には学生が夏休みの時期ですが、夏のYMCA主催事業で人的体制が厳しいので頭が痛いところです。
川上からいくつものラインで災害が川下に広がる今回の災害支援では、マクロ的にミクロ的にエリアを絞り込んで支援をする必要があります。
幸い、九州大分道の杷木、日田インターからいずれも30分~40分で被災地に入れますので、北九州、福岡、熊本からは日帰り圏内ではあります。

長期的な課題では、来年の夏までに危険地域の整備は厳しいので来年の梅雨にさらに二次災害の危険をどう低くするか、です。避難するしかありません。
これからは、復旧から復興に向かいますが、現場での傾聴ボランティアや高齢者の健康管理、人口流出等の課題が表面化してきます。

東峰村の子どもたちは21日から学校がはじまります。秋には阿蘇キャンプで日田の子どもたちを含め「心のケア」キャンプを行う必要があります。
日田地域から筑後川で有明海に注ぐ、この流域は、福岡の水がめにもなっています。
今後のこの地域の自然災害対応並びに森林整備が不可欠な大きな問題でもあります。
西日本地区YMCAとして全国のYMCAとしての今回の災害支援についてご支援をよろしくお願いします。

祈平安

アジア太平洋地域 国際議員の推薦について(お願い)

2017-08-05
アジア太平洋地域は、国際議員の席を現在2席持っています。
2018年7月1日からは、田中アジア太平洋地域会長(東日本区 現段階でAPE)の1席のみとなります。
しかし、2018年7月1日から2020年6月30日までの期間、若いメンバーに限り国際議員のメンバーになりうる席が1つアジア太平洋地域に与えられています。
2018年7月1日段階で26歳以上2020年6月30日段階で39歳以下のメンバーで、国際議員としてふさわしい方がいらっしゃいましたら、9月11日までに大野 勉理事宛にご連絡ください。

アジア太平洋地域 国際議員の推薦に関しての資料は「案内・部報など」のページからダウンロードできます。

阪和部報 第1号 お詫びと訂正

2017-08-01
7月20日付で「第20期 阪和部報」第1号を皆様のご協力をいただきを発行いたしました。
しかし、表紙ページと1ページの阪和部長主題 英文に一部文字の脱落がありました。
お詫びし訂正させていただきます。

“Make New Friend, But Keep the Old,………” 黄色の部分が脱落していました。

阪和部各クラブ 納涼例会のスケジュール

2017-08-01
毎日の暑さに閉口してしまいますが、この暑さを吹き飛ばそうと各クラブでは趣向を凝らした納涼例会が開催されます。
お時間がよろしければ、これを機会にクラブ訪問をし大いに交流を深めていただき、明日へのワイズの力を充電してください。
お申込みは、各クラブ会長までお願いします。

8月 1日(火)
18:30~20:30
大阪サウスクラブ・大阪泉北クラブ合同納涼例会
「バリタワーホテル」
会費:6,500円
8月 2日(水)
19:00~21:00
大阪長野クラブ
「居心伝 河内千代田店」
南海高野線 千代田駅 徒歩1分
会費(ビジター):3,300円
8月 5日(土)
17:00~19:30
和歌山紀の川クラブ
「リールアフェア」
和歌山YMCAから徒歩1分
会費:5,500円
8月14日(月)
18:30~20:30
奈良クラブ
「最大時レストラン ピカピカ」
元奈良クラブの例会場
会費:3,000円
オークション献品のご協力
8月17日(木)
18:30~20:30
和歌山クラブ
「サロン・ド・ブレスト」
和歌山城南側岡公園前
会費:4,500円
(ワンドリンク付き)
8月17日(木)
18:30~20:30
大阪河内クラブ
「レストラン ブチェイデ」
上本町~下味原の中程
会費:5,000円
オークション献品のご協力
8月31日(木)
18:30~20:30
大阪泉北クラブ納涼例会(第1例会)
「大阪南YMCA」
会費:検討中

阪和部長公式訪問 ご同行 感謝! (鈴木璋三阪和部長・部書記・部会計より)

2017-08-01
暑い中 どうもありがとうございました。
阪和部長各クラブ公式訪問は、7/27ですべて終了しました。
 皆さまの後ろ盾・見守りで、何とか役割を果たすことができました。
部長の母クラブメンバー以外、各事業主査さんが多数公式訪問に同行されたのは、久しぶりと、諸先輩方より喜びの言葉をいただいています。
 次は阪和部会、阪和部メネット会、EMCシンボジュウム、阪和部評議会へと続きます。
阪和部みんなで協力し合い、一つ一つなし遂げて行きたいと思います。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
幾つかの事業活動については、主査を中心と部長・キャビネットよく相談しながら進めて行きたいと願っております。
 猛暑はまだまだ続きます。
皆さま益々ご自愛の程を祈ります。
 主の平和がありますように

阪和部長  鈴木璋三
阪和部書記 鈴木良洋
阪和部会計 東 良學

九州北部豪雨緊急支援募金 街頭募金の報告(和歌山YMCA連絡主事 小川隆平様より)

2017-08-01
※お詫び この報告文のアップに際して、街頭募金終了後の当日に小川隆平連絡主事からご報告をいただきながら、私の方で失念しておりました。
よって、文中にタイムラグが生じております。
アップが大変遅くなりお詫び申し上げます。
広報・情報委員長 三木 求

以下、小川連絡主事からの報告です。
『皆様へ
本日行われました、九州北部豪雨緊急支援募金 街頭募金のご報告をいたします。
日時・場所:7月20日(木) 17:00~18:00 JR和歌山駅西口
参加者:和歌山YMCA介護福祉士科、日本語科、和歌山ワイズメンズクラブ、和歌山紀の川ワイズメンズクラブ、リーダー、メンバー、スタッフ 総勢74名
募金総額:58,605円
となりました。

暑い中街頭に立たれた方、ありがとうございました。
しかしながら現地は苦難を強いられる時期に突入しています。
引続き多くの募金活動(9月30日迄)に加え、被災地の早くの復興を祈りましょう!』

九州水害募金チラシは「案内・部報など」のページからダウンロードできます。


街頭募金活動の様子

街頭募金活動の様子

大阪泉北クラブ7月キックオフ例会(阪和部長公式訪問・人見晃弘氏入会式)のご案内

2017-07-18
山田理学大阪泉北クラブ会長からメールの配信がありました。
ご紹介と7月キックオフ例会のご案内を掲載いたします。

阪和部の皆様へ
日々のワイズ活動・YMCAへのご奉仕に厚く感謝申し上げます。
いつもお世話になります。
さて、大阪泉北クラブ7月キックオフ例会のご案内を差し上げます。
前年度末に3名の退会者が有りましたが、7月例会にて1名の新入会員を迎える事が出来まして喜んでおります。
次の新入会員獲得の準備も進めております。
キックオフ例会での新たな大阪泉北クラブのスタートに、皆様方の激励をいただきたくぜひご出席賜りますようご案内申し上げます。

大阪泉北クラブ7月キックオフ例会
日 時:2017年7月27日(木)18:30~20:30
場 所:大阪南YMCA 2階 ライブラリー
    〒543-0054 大阪市天王寺区南河堀町9-52
TEL:06-6779-8370
参加費:1,000円
お申込み・お問合せ先 :7月24日(月)までに 山田理学会長へ

「7月例会のご案内」は「案内・部報など」のページからダウンロードできます。

奈良YMCA 55周年記念「I PRAY IN 奈良」のご案内とお願い

2017-07-05

奈良YMCAは、本年55歳の誕生日を迎えることができました。
日頃より、阪和部の皆様には温かいご支援を賜り、心より感謝申し上げます。

後援等の関係で告知が遅れましたが、55歳の記念事業のご案内です。
広島で開催されました西日本区大会でご覧になられた方も多いと思いますが、あの伝説の“IPRAY”を奈良で開催することになりました。

三枝 隆奈良YMCA総主事の熱い思いを、皆様にたっぷりお届けできると考えます。
小生も奈良YMCAの応援団長、実行委員長として活動しています。

どうぞ、お誘い合わせの上、8月19日(土)に奈良にお運び頂ければ幸いです。

詳細は、添付のチラシ、協賛お願いをご参照下さい。
YYYでお迎えいたします。

   実行委員長 中井信一(奈良クラブ)

【奈良YMCA 55周年記念「I PRAY IN 奈良」】
日 時:2017年8月19日(土)16:30~18:00
場 所:D'ミュージアムコミュニティーホール  奈良市左京6丁目6-2 大和ハウス工業㈱ 総合技術研究所内
運営協力金(チケット):前日1,000円  当日1,500円

「I PRAY IN 奈良」チラシ・協賛お願いは「案内・部報など」のページからダウンロードできます。

阪和部メネット会のご案内

2017-07-05
阪和部 メネット会を、次のとおり開催します。
当日は、午後から阪和部会が開催されますので、メンの皆様もぜひご参加ください。

【阪和部メネット会】
日 時:2017年 9月 16日(土) 10:00~12:00
場 所:大阪南YMCA 〒543-0054 大阪市天王寺区南河堀町9-52
TEL:06-6779-8370
参加費:無料
ご参考:同日12:30~
「第29回阪和部会」ホテルバリタワー天王寺
※メネット会の会場と別です。お間違いのないように願います。
大阪南YMCAからホテルバリタワー天王寺までは、徒歩2分間程度です。


メネット主査のメネット事業に関する説明は「案内・部報など」のページからダウンロードできます。

6月~7月の鈴木璋三阪和部長の公式訪問と9月の阪和部会開催のお知らせ

2017-07-05
6月~7月にかけて部内8クラブを、鈴木璋三阪和部長が公式訪問をされ、ご挨拶と1年間の活動方針・計画の周知を図られています。
また、9月には部内の親睦と研鑽を図る目的で、阪和部会が開催されます。
部会のホストクラブは、阪和部長を輩出している大阪サウスクラブが担当され、部会の実行委員長が寺岡博也ワイズが務められています。
寺岡実行委員長は、部長の公式訪問に随行され、各クラブで部会への参加のお誘いを鈴木部長と共々アピールされています。
ぜひ、大勢のメン・メネットのご参加をお願します。

第29回阪和部会(第3報)は「案内・部報など」のページからダウンロードできます。


部長公式訪問(和歌山紀の川クラブ) 所信表明を行う
鈴木璋三阪和部長

阪和部会のアピールを行う寺岡博也実行委員長

2017~18阪和部次期部長方針・活動計画(最新版)を掲載

2017-07-02

(生駒前部長から鈴木彰三部長に阪和部バナーが引き継がれる)
2017~18阪和部次期部長方針・活動計画(最新版)の資料は「案内・部報など」のページからダウンロードできます。

(17-18第1回評議会)

(17-18第1回評議会)

和歌山クラブ 3月お花見例会のご案内

2017-02-25
和歌山クラブの3月例会は、お花見例会として、日時・場所を変更して開催します。
例会で昼食(約1時間程度)をし、その後、ご希望の方は和歌山城の桜を見ながら散策します。
和歌山城の桜は、県内で一番人気の高いお花見スポットです。
600本の桜をご堪能ください。
ぜひ、ご参加ください。

日 時:2017年3月30日(木)12:30~1時間程度
場 所:ダイワロイネットホテル和歌山 3階 サンクシェール
所在地:和歌山市七番丁26-1
電話 : 073-435-0055
会 費:2,500円(当日、会場受付で集めさせていただきます。)
お申込み:3/21(火)までに 書記 三木へ(090-6248-0680)

第3回 阪和部 主査・委員長会及び評議会の報告

2017-02-20

(主査・委員長会の様子)
【主査・委員長会】
日 時:2017年2月18日(土) 13:00~13:50
場 所:大阪南YMCA 1階 多目的教室及びライブラリー
出席者:生駒部長・土肥部書記・鈴木次期部長・小池Yサ主査・谷川地域奉仕環境主査・丸尾国際交流主査・西岡メネット主査・宮下広報情報委員長(代理 三木)

第2回主査・委員長会以降の活動報告と、今後の予定について発表されました。
当面の大きな行事としては、次のとおりです。
①阪和部メネット交流会 3月3日(金) 加太・淡島神社  西岡妙子メネット主査
②阪和部YYYフォーラム  3月4日(土) 大阪南YMCA   小池 晃Yサ・ユース主査
③阪和部東北応援ツアーin秋保温泉 3月10日(金)~11日(土) 仙台・平泉等 谷川一人地域・環境主査
④IBC・DBC交流アンケート 締切り3月15日まで 丸尾欽造国際・交流主査


【評議会】
日 時:同日14:00~16:50
場 所:大阪南YMCA 2階 ライブラリー
出席者:合計26名

冒頭、1月21日に召天された 大阪サウスクラブ 安藤 格会員(享年満96歳)に哀悼の意を表するため黙とうが行われました。

議案・報告等は、次のとおりです。
(抜粋  詳細につきましては、後日執行部から報告される議事録をご参照ください。)

(議案)
・第1号議案 第2回評議会議事録の承認について [承認]
・第2号議案 阪和部部則検討委員会の設置について[取り下げ]

(報告)
・阪和部会計中間報告
・阪和部新年合同例会(1/7)収支報告  余剰金 15,436円 全額阪和部会計へ
・第2回 東西日本区交流会(2/4~5)報告 12年ぶりに開催 収穫の多い交流会でした。
・東北復興応援ツアー(3/10~11日)の実施  当初予定していた12名の参加申込み
・熊本地震緊急支援募金の献金
・YYYフォーラム(3/4)の実施 奈良YMCA総主事 三枝 隆氏の講演 大勢のご参加を!
・阪和部メネット交流会(3/3)の実施
・第5回 和歌山YMCAインターナショナルチャリティーラン(5/21)のご案内 各クラブ
・YMCAにチラシの配布とポスターの掲示を依頼
・次年度における次々期阪和部長の選出クラブの確認 大阪堺クラブと大阪長野クラブの合同で部長を選出してもらってはどうかとの意見があり、両クラブで検討
・次年度における書記・会計及び事業主査の選出状況の報告
・第20回 西日本区大会(6/25~6/26)での部長による報告の基礎データの提出
・阪和部報 第3号用の原稿提出 原稿締切り4/30(日) 6/17 第4回評議会時に配布予定



(開会の挨拶 生駒義範部長)

(各クラブ会長等からの報告 大阪サウスクラブ 大東会長)

(大阪堺クラブ 谷川直前会長)

(大阪河内クラブ 宮本会長)

(大阪長野クラブ 白井会長)

(大阪泉北クラブ 山田会長)

大阪サウスクラブ 4月公開例会のご案内

2017-02-18
大阪サウスクラブの4月例会は、公開例会として開催します。
美しいペルシャ母娘さんの「サントゥール演奏」と「ペルシャ文化」のお話をお聞きする例会です。
ぜひご参加ください。

日 時:2017年4月4日(火)18:30~20:30
場 所:大阪南YMCA 2階 ライブラリー(大阪市天王寺区南河堀町9-52)
会 費:1,000円(夕食を共にします)

第2回 東西日本区交流会の報告

2017-02-09
大阪泉北クラブ=IBC締結式=台北欄?国際聯青社(Taipei-A-LIST)
和歌山クラブ=DBC交流=甲府クラブ
和歌山紀の川クラブ=DBC交流=熱海グローリークラブ・名古屋クラブ

日 時:2017年2月4日(土)14:00 開会~5日(日)昼食後 解散
場 所:日本YMCA同盟国際青少年センター・東山荘(とうざんそう)
参加者:370名

阪和部からの参加者24名
【和歌山】3名
【奈良】4名
【大阪サウス】2名
【大阪河内】3名
【大阪泉北】9名
【和歌山紀の川】3名

1997年7月に、それぞれの躍進を目指して、日本区が東西に分区されました。
その後、2005年2月に第1回東西日本区交流会が開催され、以来12年ぶり、また分区からちょうど20年目の節目の年に、第2回目の交流会が開催されました。
昨年10月に献堂式を行ったばかりの真新しい本館講堂での開会式では、12年ぶりということもあり、あちこちで旧交を温め合う光景を目にしました。
九つの交流会プログラムは、交流・親睦を中心とした楽しい内容で、学び・啓発・情報交換できるように企画されていました。
しかし、番狂わせもありました。 東西に分かれての大雪合戦 残念ながら雪がなく急きょ玉入れ競技になったそうです。

夜の懇親会は体育館で行われ、床暖房の上に土足で入れるようにとシートを敷いてくださる等、いろいろとご配慮いただいていることがよくわかりました。
また、アピールタイムでは、「大阪堺クラブ55周年・大阪長野クラブ40周年合同記念例会」のアピールを、生駒義範阪和部長を中心に阪和部全体で力強くご案内してまいりました。

翌5日は、日曜礼拝の後「ワイズとYMCA、今後への期待」と題して前アジア・太平洋YMCA同盟総主事 山田公平氏のご講演や、石巻広域クラブ 清水弘一氏ワイズの東日本大震災の被災地レポート、熊本にしクラブ 亀浦正行ワイズからは熊本地震の報告等がありました。

その後、今回の交流会の大きな見どころの一つであるIBC締結式は、大阪泉北クラブと台北欄?国際聯青社(Taipei-A-LIST)の締結式が挙行されました。
祝福あふれる会場の中、少し緊張されているようなご様子で両クラブの会長が調印書にサインし交換されました。
今後の息の長い意義ある交流を祈念します。

参加したワイズ・メネットは、次回の3回目も大いに楽しみにしているご様子でした。
名残を惜しみながら、再会を約し帰路に着きました。


写真 集合写真
(370名 集合記念写真)

(開会前のひととき ワクワク)

(不眠不休でご準備 田中博之実行委員長)

(行列のできるラーメン)

(交流プログラム IBC/DBC 生駒義範阪和部長もご参加)

(夕食懇親会 開会挨拶 遠藤通寛副委員長)

(大阪堺・大阪長野クラブ合同記念例会のアピール)

(IBC締結式 大阪泉北クラブ=台北欄?国際聯青社)

(バナレットの交換)

(DBC交流 和歌山クラブ・甲府クラブ)

(地震にもめげず着々とご準備 大勢で参加しましょう!)

阪和部メネット交流会のご案内

2017-02-07
日 時:2017年 3月3日(金) 10:30和歌山YMCA集合
参加費:3,500円(当日集金します。)
プログラム:加太淡島神社 雛流しを見学後、休暇村 紀州加太で鯛尽くしの昼食を取り、メネットやワイズとの交流を深めます。
メネットはもちろんですが、ぜひワイズの方もご参加ください。
お問合せ先:西岡メネット主査まで 073‐452-5565

淡島神社(あわしまじんじゃ) 全国にある淡島(嶋)神社・粟島神社・淡路神社の総本社です。
2月8日の針祭、3月3日の雛流しなどでも有名ですが、特筆すべきは境内一円に奉納された2万体ともいわれる無数の人形であり、その様はひとえに壮観です。
ここは薬の神様とされる少彦名命(すくなひこなのみこと)を祭神とし、婦人病や安産祈願など「女性のための神様」として、昔から信仰を集めております。

(淡島神社)
(3月3日 雛流し)
(休暇村 紀州加太)